本文へ移動

千成ブログ

千成ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

そとあそび大好き

千成幼稚園では、外遊びを大切にしています。
特に自然環境には様々な「出会い」がたくさん
あります。
小動物や虫、木々、花、草花、砂、土、泥、
ぼうけんの森では、自分の背丈の何倍もあるような
大きなドングリの大木を見たり触ったり。
遊びを通して、子どもたちは心で様々なことを
感じています。
時にはさわったり、においをかいだり
五感をつかって子ども自身の感覚が研ぎ澄まされて
いきます。
毎日の発見がこどもの心を揺さぶり、動かします。
あわてずにゆっくりと、一歩一歩大地をふみしめて
大きく育っていってほしいと願っています。

年長組 園外保育 チューリップまつり

年長組が昨年、年中組だったころに
植えたチューリップが大きな花を
咲かせました。
様々な色の花が咲き、球根を植えたときは
このような姿は想像できませんでした。
早く大きくなってね。
きれいな花が咲きますように。
一人ひとり願いを込めて植えたチューリップ。
年長組の春を迎え今見事な花を咲かせています。
心待ちに待った花が咲き、みんなの心にも
大きな感動があったと思います。
 
毎年、千成幼稚園のチューリップ球根植えに
ご協力いただいております
佐倉市公園緑地課のみなさま 
ありがとうございました。

ネイチャークラブ活動

29年度 第二回目のネイチャークラブ活動が
行われました。
多くの方々に毎回活動にご協力いただいています。
今回は、ぼうけんの森の倒木丸太の運搬と
しの竹の撤去をお手伝い頂きました。
 
ネイチャークラブ活動では、
ぼうけんの森の整備活動を通して、
親子での活動を中心に保護者間の交流や、
自然にふれ、それぞれが心で、肌で感じて
ほしいと願っています。
活動後は、みんなで同じ釜の飯(今回は豚汁)を
頂きました。
初めて参加される方も、たくさん来ていただける方も
みんなで楽しむことが出来ます。
これからも森の緑化と、こどもたちの自然環境を
大切にしていきたいと思います。
 

味噌作り③

味噌作り②

収穫した大豆を煮ます。
グツグツ柔らかくなるまで煮込みます。
幼稚園を豆の香りが包みました。
そして柔らかくなった大豆を袋に入れて
つぶしていきます。
年長組がつぶす作業を行います。
最初の袋の中身は豆であったのが
どんどんペースト状になっていきます。
そして昔ながらの木の棒でも潰していきます。
年中組や年少組もその様子をじっと見守ります。
ペースト状になった豆に
米麹を混ぜ合わせ容器に詰めていきます。
空気が残らぬようしっかりと押しつぶしていきます。
 
この味噌は年長組から今度新しく年長組になる
年中組へのプレゼントです。
三月のさよなら会で年長組から
自分たちが育てて種を採取した朝顔の種と
このお味噌をプレゼントします。
 
子どもたちの生活の中で、
花の栽培や畑の労作といった経験が
これから子どもたちの生活の土壌となり、
食べ物や生物、様々なものを大切にする
という心が育まれてほしいと願っています。
 
自然の中で我々人間は生活をしています。
自然に向き合い、作物を育てていくには
大変なところもあります。
しかしそれ以上の喜びや感動が
子どもたちの心を動かし、
生きる力の基礎を育みます。
 
学校法人 千成学園 千成幼稚園
〒285-0034
千葉県佐倉市千成3-11-15
TEL.043-485-3755
FAX.043-484-0927

◆幼児教育
◆教育目標
・健康なこども
・きまりを守れるこども
・ともだちと遊べるこども
◆預かり保育
◆課外活動

TOPへ戻る