本文へ移動

千成ブログ

千成ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

七五三参り

2012-11-15

年中・年少組は幼稚園から歩いて将門神社へお参りへ。
年少さんと年中さんで仲良く手をつないで行きました。
神社近くではドングリ拾いを楽しみました。

年長組で地元氏神様である“まかたさま”こと、
佐倉藩総鎮守 麻賀多神社へ七五三のお参りへ行きました。
自分たちが製作で作った七五三の飴の袋を持ち、いざバスに乗って出発!

宮本宮司様はじめ、神社の方々にお出迎えをして頂きました。
境内の神聖な雰囲気の中、宮司さんからお話を頂戴し、
園長先生が代表して玉串奉納をしました。
子どもたちも、園長先生を見ながら一緒に二礼二拍手一礼をしました。
子どもたちも真剣に話を聞き、取り組んでいました。
一人ひとり鈴を鳴らしてお願い事をしました。
何をお願いしたんでしょう〜。

今回のように保育の一環として、園外においても“旬な体験”を
子どもたちにさせてあげたいです。

節分子ども豆まき大会においても麻賀多神社様には毎年お世話になっております。
早速お誘いのお話を頂き、子どもたちも楽しみにしているようでした。

おいもパーティー

2012-11-15

先日、佐倉草ぶえの丘近くの畑で
おいも掘りをして収穫したおいもをつかって
いもパーティーを楽しみました。

自分たちで掘ったおいもを洗ってからふかしました。
洗った後のおいもの鮮やかな赤紫色に子どもたちは感動!

最初は輪切りのおいもをスプーンでつぶして・・・最後は丸めてと、、、
その過程を楽しみながら、みんなでおいしく頂きました。

芸術鑑賞会

2012-11-07
千成幼稚園遊戯室に、劇団仲間さんに来ていただき
「ぼくはアフリカにすむキリンといいます」という劇を
全園児で楽しみました。

いつもの慣れ親しんでいる遊戯室に入ってみると
まるで別の空間になったような設定がされていて
新鮮な雰囲気に感じられ、子どもたちも驚いていました。

始まりと同時の美しい歌や楽器の演奏にみんな一緒になって
手拍子をし、“本物”のお芝居、歌、さまざまな表現の魅力に
子どもたちも目を輝かせて約50分間のストーリーを
楽しみました。
最後に幼稚園の代表の子がお礼のお花を渡しました。

いもほり

2012-11-06

市内、草ぶえの丘近くの畑で、いもほりを全園児で行いました。
畑の柔らかいほかほかの土を掘り起こし、どんなおいもが
取れたかな!?

おいもが土の中から見えてきて、少しずつ周りの土をかきだし、
やっと大きなおいもが出てきた瞬間の子どもたちの驚きや、
嬉しい感動の表情はとても輝いていました。

子どもたちに、“旬”の貴重な体験をさせてあげたいと考えています。
農家の方が大切に育ててくれたおいもを掘らせていただくことにも
感謝の気持ちを持てるように。
スーパーなどではなかなか見れないほどの大きな自然の野菜を
自分の手で土の中から掘り起こすという経験をあじわえたと
思います。

おいもをお家に持ち帰ってから、どのようなおいもほりだったのか、
ご家族の方々ともたくさん話をしてほしいと思います。



学校法人 千成学園 千成幼稚園
〒285-0034
千葉県佐倉市千成3-11-15
TEL.043-485-3755
FAX.043-484-0927

◆幼児教育
◆教育目標
・健康なこども
・きまりを守れるこども
・ともだちと遊べるこども
◆預かり保育
◆課外活動

TOPへ戻る