本文へ移動

千成ブログ

千成ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

千成米  脱穀

幼稚園の砂場の柵に
天日干しにしていた稲を脱穀します。
一つひとつ干してあった稲を運びます。
卒園児である木内さんが、
脱穀する機械を幼稚園まで運んでくださり
子どもたちの目の前で作業を見せてくれました。
機械に運ばれた稲穂はきれい米だけが取れて
稲と米に分かれます。
子どもたちも普段なかなかみることがない
脱穀の作業に目が輝いていました。
一人ひとりの心の中に残ったことと思います。
知ることよりも感じることを大切にしていきたいです。
 

千成米 収穫

年長組が種から育てた稲。
今年の天候も心配でしたが
無事、稲刈りを行いました。
子どもたちが鎌を使って
金色に育った稲を刈っていきます。
稲の先っぽにはたくさんの米が頭を垂れ
大豊作でした。
稲を刈った時、
たくさんの稲穂をまとめて運んだ時、
子どもたちから満面の笑みが溢れ
晴天の下、千成米がまさに山ほど
収穫できました。
地元農家、卒園児である木内さんに
たくさんお世話になりました。
今年も木内さんの田んぼで作られた
千成米は大豊作でした。
ありがとうございました。
 
 

年長 お茶摘み体験

地元 老舗(株)小川園さんの
佐倉茶を栽培している茶畑で
今年の新茶を年長組で
お茶摘みさせていただきました。
小川園さんの茶畑は明治初期の
廃藩置県後に始まり、
一度途絶えてしまいましたが、
現在、平成の佐倉茶として
新たに栽培しています。
 
園児たちは初めてのお茶摘み体験を
通して、茶葉の匂いや、天ぷらにして食べた
お茶の葉の味、一面に広がる茶畑の新緑
様々な五感を通して多くのことを
感じていました。
 
地域の方々と関わらさせて頂き、
貴重な体験となりました。
 
小川園さま、ありがとうございました。

年長 田植え②

年長組 田植え

卒園児である、木内さんの田んぼを
千成幼稚園でお借りして、
年長組が田植えをしました。
稲の種から育て、苗になり、
それを田植えします。
 
たくさんのお米が取れるようにと
みんなで植えました。
これから暑くなる季節になりますが、
四季の移り変わりや稲の生育を
通して子どもたちと身近で大切な
お米について感じていきたいです。
学校法人 千成学園 千成幼稚園
〒285-0034
千葉県佐倉市千成3-11-15
TEL.043-485-3755
FAX.043-484-0927

◆幼児教育
◆教育目標
・健康なこども
・きまりを守れるこども
・ともだちと遊べるこども
◆預かり保育
◆課外活動

TOPへ戻る